プードルの出身や特徴

今や、国民的アイドル並みに人気のあるプードル。
生きたぬいぐるみのように愛くるしいそのカットとサイズが人気の理由でしょう。
日本で見かけるのはトイ・プードルがほとんどですが、その大きさによってスタンダード・プードルやミニチュア・プードルなどに分類されます。
スタンダードは猟の回収犬として、ミニチュアは海外ではトイよりも人気の愛玩犬として広く親しまれています。
このサイトは、そんなプードルの出身地や特徴についてご紹介します。
プードルについてもっと知りたい人の参考になれば嬉しいです。

さて、このプードルですが出身はどこなのでしょう。
一般的にはフランスだと思われがちですが、実際は様々な説があるようです。
その中でも有力なのがドイツ説でしょう。
プードルという名前は、ドイツ語で水溜りを意味する「プーデル」からきているとされます。
プードルの先祖は、バーベットという中央アジア原産の犬でこれが世界各地に広がりその地域で独自の進化を遂げました。
そして、ドイツでは主に鴨猟の回収犬として飼われるようになり、泳ぎが達者なことからプーデル=プードルとなったようです。

プードルはまた、その独特のカットも特徴で、トリミングの基礎技術はこのプードルが基準となっているのです。
こうして、ドイツからフランスに渡り世界的に飼われるようになったプードル。
比較的飼いやすい犬種ですが、それでもやはり飼うのを放棄する人が後を絶ちません。
飼う以上は、ぜひとも最後まで飼ってもらいたいものです。



[Recommend Site]
国民的アイドル並みに人気のあるトイプードルのきもちがわかる犬のハンドブックです ... トイプードルのきもち

Copyright © 2014 プードルはどこの出身? All Rights Reserved.